TRT日本語特派員が行く(第26回 :2019年7月16日放送)

今週のリポート 「スパークリングパレード」

1236503
TRT日本語特派員が行く(第26回 :2019年7月16日放送)

【Podcast】 TRT日本語特派員が行く(第26回 :2019年7月16日放送)

 

 

 

さあ、1週間のお楽しみ、「TRT日本語特派員が行く」のお時間になりました。今日はどこからどんな情報を届けてくれるのでしょうか。楽しみですね。では、みなさん一緒にアタライ特派員を呼びましょう。

 

アタライ特派員、よろしくお願いしま~す!!!

 

 

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■

 

 

(アタライ特派員)

 

はい。TRT日本語ラジオをお聴きのみなさん、めるはば。こんにちは。

TRT日本語特派員のアタライです。

 

 

今年の日本の「海の日」は7月15日でしたが、トルコで3年前の2016年7月15日、テロ組織フェトの謀反がありました。そして、2017年から7月15日は「民主主義と国民団結の日」として国の休日になりました。毎年この日は、トルコだけではなく、トルコ以外の国でも追悼行事が行われています。

 

 

 

追悼行事の一環として、駐日トルコ共和国大使館は、日本の横浜(よこはま)で7月13日と14日に開催された「横浜スパークリングトワイライト」の2日目に行われた「スパークリングパレード」に参加しました。

駐日トルコ共和国大使館は、「7月15日」を日本の多くの国民に知ってもらうために、「7月15日 トルコ共和国 民主主義と国民団結の日」と書かれた横断幕を手にパレードしました。

 

 

 

 

横断幕とハサン・ムラット・メルジャン大使の妻のインジ夫人を先頭にパレードの列が続きました。

 

 

 

 

日本にトルコの文化や言語の紹介に努めるトルコの公的機関ユヌス・エムレ・インスティトゥート東京は、トルコ民族ダンスグループとオスマン軍楽隊「メフテル」とパレードに参加しました。さまざまな地域の伝統的な衣装を着た女性たちの姿もありました。

 

 

 

 

オスマン軍楽隊「メフテル」の威勢の良いかけ声とともにパレードしました。オスマン軍楽隊「メフテル」の音楽は心にまで響き、沿道に立つ観客たちに注目されました。

 

 

 

 

観客たちは、トルコと日本の国旗を手にトルコのパレードを応援し、楽しそうに鑑賞していました。トルコのパレードを写真に撮る人たちもたくさんいました。パレードには、フィリピン、インド、韓国などの国も参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

パレードの後に行われたステージライブでは、「ハライ」と呼ばれるトルコの伝統的なフォークダンスを観客たちと一緒に踊って、盛り上がりました。初めてハライを体験した人たちは、「リズムがよく難しくないダンスだったので楽しかった」と感想を話していました。

 

 

 

◇ ◇ ◇

 

「横浜スパークリングトワイライト」では、3000発の花火が打ち上げられたほか、さまざまなグルメを味わう機会もありました。山下公園に設置されたアジア・アフリカ各国の食品販売ブースの中で、トルコのドネルケバブは朝から一番人気でした。

 

 

それではみなさん、また来週の火曜日にお会いできるのを楽しみにしています。

ほしゅちゃかるん。さようなら。

 

 

 

 

 

 

 

 



注目ニュース