TRT日本語特派員が行く(第20回 :2019年6月4日放送)

今週のリポート 「ラマザン・バイラム」

1213556
TRT日本語特派員が行く(第20回 :2019年6月4日放送)

【Podcast】 TRT日本語特派員が行く(第20回 :2019年6月4日放送)

 

 

 

はい。TRT日本語ラジオをお聴きのみなさん、めるはば。こんにちは。

TRT日本語特派員のアタライです。

 

今日もブルサからお届けします。

 

1か月にわたるラマザン、断食月が昨日で終わり、今日から「ラマザン・バイラム」です。

ラマザン・バイラム、おめでとうございます。

 

 

 

 

「バイラム」はトルコ語で「お祭り、お祝い」の意味で、アラビア語では「イード」と呼ばれます。イスラムの世界では1年に2つの「バイラム」があります。ラマザン、つまり断食月が明けた後の「ラマザン・バイラム」と、大巡礼「ハッジ」の終わりに行われる犠牲祭「クルバン・バイラム」です。トルコでは、ラマザン・バイラムは3日半、クルバン・バイラムは4日半、国民の休日となっています。

 

ラマザン・バイラムではみな、1か月間の断食月が終わってしまったさみしさと、祭りを祝う楽しさが隣り合わせのような気分になります。

 

そこで今日は、ラマザン・バイラムがトルコではどのようにお祝いされるかをリポートしようと思っていたら、ちょうどこの機会にブルサのおじいさんの家を訪ねるために、アンカラから小学4年生、10歳のアフメット・ターヒルくんがやってきましたので、ラマザン・バイラムの様子を聞いてみることにしました。

 

 

 

◇ ◇ ◇

 

(アフメット・ターヒルくん)

 

 

みなさんラマザン・バイラムおめでとうございます。私はアフメット・ターヒルです ^^

 

 

 

◇ ◇ ◇

 

(TRT日本語の浅野涼子)

 

アフメット・ターヒルくん、ラマザン・バイラムおめでとうございます。

アタライ特派員、アフメット・ターヒルくんは何を話してくれたのですか?

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

ラマザンが終わる前に、お母さんと一緒にバザールに行って、ラマザン・バイラムの時に

着る新しい服を買ってもらいました。子ども服のお店はとても混雑していました。そして、

家に来るお客さんに配るためのバクラバやチョコレート、キャンディなども買ってきまし

た。お母さんたちは、いろいろなおいしいケーキやお菓子を家で手作りして用意しました。

 

ラマザン・バイラムの朝は、早起きして、まずモスクに礼拝に行きます。

モスクから帰ってきたら、みんな一緒にテーブルを囲んでおしゃべりをしながら、

いつもより豪華な朝ごはんを楽しみます。この日は遠くから来た親戚や、家族の友だちが

集まって、今年も無事にラマザンが終わったことなど、お祝いの言葉を言います。

お客さんにトルココーヒーとバクラバをごちそうするのが伝統です。

 

 

それから、子どもたちはこの日、大事な仕事で大忙しなんです!

ラマザン・バイラムは「ハルチュルク」というお祝いのお金を集めるまたとないチャンス

なので、家にいる大人の人のところに言って、お祝いの言葉を言ってから、大人の手に

キスしてその手を自分のおでこにあてて、挨拶します。

これは、トルコで尊敬の気持ちを表す挨拶です。

 

 

 

 

そうすると、ラマザン・バイラムの時は大人の人から「おめでとう」という言葉と一緒に

お金がもらえるんです。

 

家の中にいる大人から「ハルチュルク」をもらい終わったら、今度は袋を持って、近所の

家や、知らない人の家にも行って、ラマザン・バイラムのお祝いを言いに行きます。そこ

ではお菓子なんかをたくさんもらえるので、袋がいっぱいなるまでがんばります!

 

 

 

 

その後はほかの子どもたちと、どれくらいもらえたか自慢しあいます。

 

ラマザン・バイラムにはお墓参りにも家族と一緒に行きますよ。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

 

とのことでした。「ハルチュルク」は「お年玉」みたいで、日本のお正月と似ているところもありますね。アフメット・ターヒルくんに、もらった「ハルチュルク」の使い道を聞いたら、「将来日本に行くための貯金だよ!」と答えてくれました。

 

 

 

ところで、ラマザン・バイラムのお祝いは日本でも行われます。日本時間の6月5日水曜日の夜には、駐日トルコ大使館、東京ジャーミイ、ユヌス・エムレ・インスティトゥート東京の共催による日本在住のトルコ人たちの集まりが、東京ジャーミイで開催されます。

 

 

 

 

 

みなさんもよきラマザン・バイラムをお過ごしください。

 

 

それではまた来週の火曜日にお会いしましょう。

ほしゅちゃかるん。さようなら。

 

 

 

(ポッドキャストとビデオは内容が異なります)

 

 

 

 

《 お届けした歌 》

Bugün Bayram(Barış Manço)

 

*放送時間の都合上、生放送では短縮版をお届けしました。

 

 

 



注目ニュース