TRT日本語特派員が行く(第17回 :2019年5月14日放送)

今週のリポート 「東京ジャーミイに『ハラールショップ』ができた!」

TRT日本語特派員が行く(第17回 :2019年5月14日放送)

【Podcast】 TRT日本語特派員が行く(第17回 :2019年5月14日放送)

 

 

 

さあ、1週間のお楽しみ、「TRT日本語特派員が行く」のお時間になりました。今日はどこからどんな情報を届けてくれるのでしょうか。楽しみですね。では、みなさん一緒にアタライ特派員を呼びましょう。

 

アタライ特派員、よろしくお願いしま~す!!!

 

 

 

■■■■■■■■■■■

 

(アタライ特派員)

 

TRT日本語ラジオをお聴きのみなさん、めるはば。こんにちは。

TRT日本語特派員のアタライです。

 

 

さて、長年待ち望まれた「ハラール商品」を扱うお店「ハラールショップ」が、東京ジャーミイ・トルコ文化センターの新館1階にオープンしました。

 

 

 

 

 

イスラム法において正しいと認められたもののことを「ハラール」と言います。「ハラール」はアラビア語です。トルコ語では「ヘラール」です。TRT日本語では「ヘラール」と言っています。今日はお店の名前に合わせて「ハラール」を使います。

 

 

その「ハラール」な商品が集められたお店「ハラールショップ」が、東京ジャーミイ・トルコ文化センターにできたのです。

 

 

 

5月10日金曜日、合同礼拝の後に行われたオープニングセレモニーには、G20(ジートゥエンティ:20か国・地域)農業大臣会合に出席するために日本を訪れたトルコ共和国農業森林省のベキル・パクデミルリ大臣、日本に駐在しているトルコ共和国のハサン・ムラット・メルジャン大使とバーレーンのアハマド・ムハンマド・アルドサーリー大使が臨席しました。そして、イスラムの聖典クルアーンの朗誦とこれからの発展を祈願した後、テープカットが行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「ハラールショップ」には、さまざまな国の「ハラール食品」のほか、日本産の「ハラール牛肉」、「ハラールなパン」、「ハラールなケーキ」など、イスラムの信者が通常手に入れることが難しい「ハラールな商品」や、観光客向けにトルコの雑貨、土産物などが揃えられています。特にトルコの有名なスイーツ、バクラバは大人気で、オープンの日は、あっという間に完売しました。

 

 

 

 

 

 

 

「ハラールショップ」は、ラマザン、つまり断食月の期間中は平日午後12時から午後8時まで、週末は午前10時から午後8時まで毎日オープンしているのでぜひ足を運ばれてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇ ◇ ◇

 

ところで、みなさん、「トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」には、もう行かれましたか?

 

 

 

 

 

 

先日、私も行ってきました! 多くの来場者でにぎわう会場に入ると、まるでトプカプ宮殿に来たかのようで、その豪華さは想像以上でした。展示品にはそれぞれ日本語での詳細な説明書きがあるので、昔の様子がイメージでき、日本にいながらタイムスリップができる展覧会でした。

 

 

 

 

 

会場の外ではグッズの販売があり、トルコのすてきなデザインがモチーフとなったお土産が多くありました。

 

 

 

 

 

私も限定品のチューリップのお菓子箱をゲットしました。ショップに入るだけならチケットは必要ないので、トルコグッズが好きな方はお見逃しなく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」は、東京では国立新美術館(こくりつしんびじゅつかん)で5月20日までの開催です。その後は、京都の京都国立近代美術館(きょうとこくりつきんだいびじゅつかん)で、6月14日から7月28日まで開催されます。

 

 

 

 

 

日本での「トルコ文化年2019」、みなさんも体験などを通して、ぜひトルコに触れる年にしてください。

 

 

来週は、駐日トルコ共和国大使館での断食明けの食事の会「イフタルの会」の様子をレポートいたしますので、お楽しみに!

 

 

それではみなさん、また来週の火曜日にお会いできるのを楽しみにしています。

ほしゅちゃかるん。さようなら。

 

 

 

 

 

 

 



注目ニュース