歴史の中の今日は何の日 12月3日

1872年12月3日

歴史の中の今日は何の日 12月3日

 

12月3日 カレンダーの日(日本)

日本の明治5年にあたる1872年、日本の政府がそれまでの太陰太陽暦を廃止し、太陽暦を採用すると発表したことにより、旧暦(太陰太陽暦)の明治5年12月3日が新暦(太陽暦)の明治6年、つまり1872年1月1日となった。

この史実に基づき、1988年、全国団扇扇子うちわせんすカレンダー協議会と全国カレンダー出版協同組合連合会が12月3日をカレンダーの日と制定した。

2011年には日本記念日協会より記念日として正式登録されている。

ラテン語の「kalendae(カレンダエ)」が由来の「カレンダー」は、トルコ語で「takvim(タクヴィム)」と言い、「カレンダー」「暦」「スケジュール」「予定」などの意味があり、いわゆる「カレンダー」と「暦」の区別なく使われている。

 

(文責: 浅野涼子)

 

 



注目ニュース