明日はヒジュラ歴の新年

太陰暦であるヒジュラ歴の最終月であるズィルヒジュジェ月は今日で終わりを迎え、イスラムで重要な月であるムハッレム月とともに、明日新年が始まる。

明日はヒジュラ歴の新年

太陰暦であるヒジュラ歴の最終月であるズィルヒジュジェ月は今日で終わりを迎え、イスラムで重要な月であるムハッレム月とともに、明日新年が始まる。

イスラムの歴史においての転換期として、預言者ムハンマドのヒジュラ(メッカからメディナへの移住)を基にヒジュラ歴の新年とされるムハッレム月は、明日日曜日(10月2日)に始まる。

ヒジュラ歴の1437年は今日10月1日で終わりを迎える。

ヌマン・クルトゥルムシュ副首相は、ヒジュラ歴の年末年始第一日である今日、宗務庁により行われた「モスクと宗教任務の週」の開会プログラムに参加した。

クルトゥルムシュ副首相は演説で、カルバラーの戦い(西暦680年のウマイヤ朝のカリフ・ヤズィードと敵対勢力の戦い)の殉教者を追悼し、ヤズィードに対する殉教者の戦いを回想した。

クルトゥルムシュ副首相は、7月15日に殉職した人々も、カルバラーの戦いの殉教者になぞらえた。

 

2016年10月1日

 

 



注目ニュース