カンタンな にほんごの ニュース 2016年6月5日(日)

今週あったいろいろなニュースからいくつか選んで、カンタンな日本語で話す、「カンタンな にほんごの ニュース」のコーナーです。 毎週日曜日にやります。

カンタンな にほんごの ニュース 2016年6月5日(日)

 

ドイツ連邦議会が「1915年にトルコ人はアルメニア人をたくさん殺した」と決めた

ドイツれんぽうぎかいが 「1915ねんに トルコじんは アルメニアじんを たくさん ころした」と きめた

ドイツ連邦議会が6月2日、トルコは何もしていなのに、1915年にトルコ人がアルメニア人をたくさん殺したとアルメニア人が言っているのは、本当だと決めました。

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、この決定はトルコとドイツの間に悪い影響を与えると話しました。

 

ビナリ・ユルドゥルム首相は、「私たちの過去ははっきりしている。これは間違った決定だ。」と話しました。

 

メヴリュト・チャウショール外務大臣は、「全然理由がないのに無責任に他の国の歴史を汚して、自分の国の悪いページを閉じることはできない。」と言いました。

 

 

日本の北海道で男の子がお父さんとお母さんに森に置いて行かれてしまった

にほんの ほっかいどうで おとこのこが おとうさんと おかあさんに もりに おいていかれてしまった

日本の北海道で5月28日、田野岡大和(たのおか やまと)君がお父さんとお母さんに森に置いて行かれてしまいました。

お父さんとお母さんは、田野岡君が人や車に石を投げたので怒って、田野岡君を車から降ろして、そこからいなくなってしました。

数分後にお父さんとお母さんが車で田野岡君を置いて行った場所に戻ったら、田野岡君はそこからいなくなっていました。

たくさんの人が心配して探しましたが、どこにもいませんでした。

でも、6日後の6月3日、田野岡君は見つかりした。

田野岡君は、鹿部町(しかべちょう)にある自衛隊の小屋にいました。

田野岡君は6日間水だけ飲んでいました。

田野岡君のお父さんは、田野岡君くんにあやまりました。

そして、みんなにも迷惑をかけたことをあやまりました。

 

 

モハメド・アリさんが亡くなった

モハメド・アリさんが なくなった

アメリカの伝説的なプロボクサーで元ヘビー級世界チャンピオンのモハメド・アリさんが6月3日に亡くなりました。74歳でした。モハメド・アリさんは長い間パーキンソン病でした。呼吸器系の問題で入院して、その病院で亡くなりました。

とてもきれいですばらしいボクシングスタイルをつくったモハメド・アリさんは

はじめは本名のカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニアと呼ばれていましたが、

1964年にムスリムになって、リングネームをモハメド・アリにしました。

モハメド・アリさんは、1984年にパーキンソン病になりました。

1964年、1974年、1978年の3回、ヘビー級世界チャンピオンのタイトルを取りました。

モハメド・アリさんは61の試合に出て、56の試合で勝ちました。

そして、スポーツの世界の歴史の1ページになりました。

 

 



注目ニュース