2019年にドライフルーツ・ナッツの輸出が14億ドルに

ドライフルーツ・ナッツおよび関連製品部門は、昨年(2019年)155か国に14億ドル(日本円で約1542億円)相当の輸出を行った。

2019年にドライフルーツ・ナッツの輸出が14億ドルに

 

イスタンブール輸出業者組合から出された声明によると、2018年と比べて輸出を2.5パーセント増やしたドライフルーツ・ナッツ部門が最も多く輸出を行ったのは1億9100万ドル(日本円で約210億円)でドイツであった。

ドイツに続いて価格ベースで最も多く輸出が行われたのは1億8300万ドル(日本円で約202億円)でイギリス、1億900万ドル(日本円で約120億円)でイタリア、9700万ドル(日本円で約107億円)でフランスであった。

声明にその見解が掲載されたイスタンブール・ドライフルーツ・ナッツおよび関連製品輸出業者組合のムフシン・チャクジュ会長は、ドライフルーツ・ナッツ部門が2019年に最も多く輸出を増やしたのはイラク、イギリス、イタリアであったと明かし、

「イラクへは23.5パーセント増、イギリスへは11パーセント増、イタリアへは7.5パーセント増の輸出を行った。トルコは昨年海外に5億2300万ドル(日本円で約576億円)相当となる24万4000トンの種なし干しブドウを輸出した」と述べた。

チャクジュ会長は、ドライフルーツ・ナッツ部門が昨年価格ベースで最も輸出を増やしたのは24パーセントでピスタチオ、8.5パーセント増で松の実であったとも説明した。

 

(2020年1月13日)



注目ニュース