2019年7月の自動車産業の輸出が増加

7月に輸出額29億ドル(日本円で約3071億円)で輸出をけん引したトルコ自動車産業は、輸出を昨年同期(2018年7月)と比べて5パーセント増加させた。

2019年7月の自動車産業の輸出が増加

 

トルコ自動車産業は、昨年同期と比べて5パーセント増の29億ドルの輸出を行った。

ウルダー自動車産業輸出業者組合から書面で出された声明によると、自動車産業で7月に行われた輸出は昨年同期と比べて5パーセント増の29億ドルに達した。

18パーセントを占めてまたしてもトルコの輸出で首位に立った自動車産業の輸出平均額は1-7月に26億ドル(日本円で約2755億円)となった。

月間ベースで最も多く輸出が行われた国となったドイツへは5パーセント増の4億1400万ドル(日本円で約439億円)の輸出が行われた。

フランスは、7月に記録された20パーセント増の輸出額3億8600万ドル(日本円で約409億円)で2番目に多く輸出が行われた市場となった。

また、イタリアに対する輸出も6パーセント増の2億6900万ドル(日本円で約285億円)となった。

 

(2019年8月4日)



注目ニュース