日本は「トルコの魚」第3位の購入国

日本は、オランダとイタリアに次いで、トルコの水産品の第3位の購入国である。

1219325
日本は「トルコの魚」第3位の購入国

 

 

 

2019年1月から5月までの期間に行われたトルコの水産品の輸出額は、昨年(2018年)の同じ時期(1月から5月)に比べ10パーセント増加し、4億4478万4396ドル(日本の通貨で約482億8134万6185円)に達した。量にして8万5418トンの水産品が輸出された。

 

2019年1月から5月までの期間に冷凍、開き、切り身の状態にして行われた輸出でトップに立ったのはオランダだった。イタリアと日本がそれに続いた。

 

2019年1月から5月までの期間にトルコからオランダに1万169トンの水産品が輸出され、6117万4359ドル(日本の通貨で約66億4047万6669円)の収入が得られた。同じ時期、イタリアには4963万7723ドル(日本の通貨で約53億8817万4831円)、日本には3856万3956ドル(日本の通貨で約41億8611万7423円)分の水産品が輸出された。

 

さらにこの期間に、昨年(2018年)の同じ時期(1月から5月)には輸出が行われなかったペルー、ブルキナファソ、モルディブ諸島、ニュージーランド、ドバイ、ナイジェリア、マレーシアへの輸出が実現した。

 

 

 

(2019年6月16日 日曜日)

 

 

 

 



注目ニュース