トルコが米製品への関税を引き下げ、米の措置を受けて

商業省によってアメリカ製の一部製品の輸入に課されていた追加関税が半分に引き下げられた。

トルコが米製品への関税を引き下げ、米の措置を受けて

 

アメリカ製の22品目の輸入に課されていた追加関税を半分に引き下げる決定が、昨日(5月21日)から施行された。

当該の決定は、アメリカのドナルド・トランプ大統領が先週、同国がトルコから行っている鉄鋼の輸入に課していた50パーセント分の関税を25パーセントに引き下げることを発表したあとに下された。相互主義の原則の枠組みで、トルコも一部アメリカ製品に課していた関税を同率引き下げたことになった。

アメリカ政権は、2018年3月23日から一部鉄鋼およびアルミニウム製品の輸入でそれぞれ25パーセントおよび10パーセントの関税を課し始めた。

これを受けてトルコも、2018年6月11日に下された決定によってアメリカ製の一部製品の輸入で同国の措置と同等の追加関税を課すことを適用していた。

アメリカが2018年8月にトルコ製の鉄鋼製品に課していた関税を50パーセントに引き上げたことを受けて、トルコも一部アメリカ製の製品の輸入に課していた追加関税の割合を2倍に引き上げていた。

 

(2019年5月22日)



注目ニュース