乳がんが初めて最も多く見受けられるがんの種類に

世界保健機関(WHO)は最も多く見受けられるがんの種類は乳がんであると公表した。

1577097
乳がんが初めて最も多く見受けられるがんの種類に

 

2月4日世界対がんデーにちなんで語った世界保健機関のがん専門家アンドレ・イルバウィ氏は、

「乳がんが初めて最も多く見受けられるがんの種類になった」と述べた。

イルバウィ氏は、過去20年間最も多く見受けられていたがんの種類であった肺がんは第2位に後退し、第3位には結腸直腸がん(大腸または結腸及び直腸がん)がランクインしたと明かした。

イルバウィ氏は肥満は乳がんの重要なリスク要因であると指摘し、その他がんの種類の原因の1つであると強調した。

新型コロナウイルス(Covid-19)パンデミックによってもがんの治療が中断されていると強調したイルバウィ氏によると、世界人口が増加したり平均寿命が短くなるにつれてがんがより広範に見受けられる病気になることが恐れられている。

 

(2021年2月4日)



注目ニュース