EU内で初産の年齢が最も低い国はブルガリア、高い国はイタリア、トルコは26.3歳

欧州連合(EU)加盟国内で初産の年齢が最も低い国はブルガリアとなった。

1418276
EU内で初産の年齢が最も低い国はブルガリア、高い国はイタリア、トルコは26.3歳

 

ユーロスタット(EU統計局)は初出産をした女性人口の割合に関する2018年度データを公表した。

これによると、EU諸国で2013年に28.8歳であった女性の平均初産年齢は2018年には29.3歳に上昇した。

女性の平均初産年齢はブルガリアでは26.2歳、ルーマニアでは26.7歳、スロバキアでは27.1歳となった。

EU諸国で女性の初産年齢が最も高い国はイタリアとなった。

イタリアで女性の平均初産年齢は31.2歳であった。

31歳でスペイン、30.9歳でルクセンブルク、30.5歳でアイルランド、30.4歳でギリシャがイタリアに続いた。

当該の初産年齢はドイツで29.7歳、フランスで28.7歳、オランダで30歳、オーストリアで29.5歳、ベルギーで29歳であった。

またトルコでは平均初産年齢は26.3歳であった。

 

(2020年5月15日)



注目ニュース