米専門家たちが断食の効用を確認

アメリカの専門家たちが、1日に16-18時間食事を避けたり、または1週間に一定の感覚で断食をすることが寿命を延ばし、数多くの病気を予防することを確認した。

米専門家たちが断食の効用を確認

 

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌に掲載された記事で、1日のうち6-8時間内に食事を済ませて残りの16-18時間食事を避けることが、数多くの病気を予防するだけではなく、血圧を下げたり、寿命を延ばしたりすることが確認された。

肥満、糖尿病、心臓疾患の治療法として断食の推奨が可能であると強調された記事では、これに対して「日々の制限された消費」と「週2日の断食」という2つの方法が挙げられている。

人や動物を介して行われた実験に基づくこの研究は、一定の間隔で断食をすることは代謝で再生をもたらすため細胞の健康にプラスの方向で影響することを明らかにしている。

 

(2019年12月27日)



注目ニュース