【アメリカ】 1年間保存可能なリンゴが販売開始

アメリカで、腐らずに最大1年間保存できるとされている新種のリンゴが販売され始めた。

【アメリカ】 1年間保存可能なリンゴが販売開始

 

BBC局が伝えたところによると、「コスミック・クリスプ」と名付けられた交配種のリンゴは、1997年に初めてワシントン大学で開発され始めた。

「ハードでクリスピーでジューシー」と描写されるリンゴの出荷には1000万ドル(日本円で約11億円)の費用がかかった。

この赤いリンゴは、明るい黄色の斑点が星に似ていることから「コスミック・クリスプ」と名付けられたとされている。

実を付けるのに3年かかったとされているが、ワシントン大学が進める繁殖プログラムの管理者の1人であるケイト・エヴァンス氏は、冷蔵庫で10-12か月間味の変化なしに保存することができると語った。

ワシントンで「コスミック・クリスプ」の木が1200万本以上植えられたが、厳格なライセンスシステムによってアメリカのほかの地域の農業従事者がこのリンゴを生産することは許されていないと述べられた。

 

(2019年12月1日)


キーワード: リンゴ , アメリカ

注目ニュース