カフェイン摂取が睡眠に影響を与えないことが研究で判明

就寝前にコーヒーや紅茶を飲んでも睡眠には影響しない。

カフェイン摂取が睡眠に影響を与えないことが研究で判明

 

インデペンデント紙が伝えたところによると、アメリカのフロリダ・アトランティック大学とハーバード大学の医学部の研究者たちが、ボランティア785人を合計5164日夜観察してカフェイン、アルコール、ニコチンの摂取量を記録した。

調査チームはその後、このデータを参加者の睡眠時間と睡眠の質を記録する手首センサーから得られた結果と照合した。

研究では、ニコチンとアルコールは睡眠を分断したが、カフェインが睡眠に与える影響はないことが分かった。

研究ではまた、就寝前に摂取されたタバコが眠りにつくのが困難な人の睡眠時間を合計42分間、夜中にタバコを吸う人の睡眠時間も43分間減少させたことが分かった。

フロリダ・アトランティック大学のクリスティン・スパドラ教授は「スリープ」誌に執筆した記事で、就寝4時間前までに摂取されたニコチンおよび(または)アルコールは睡眠に悪影響を与えていると明かした。

スパドラ教授は、

「就寝4時間前までのカフェインの摂取と睡眠パラメータの間には全く関係が見られなかった」と述べた。

コーヒーや紅茶が睡眠を妨げているとする一般的な考えに反して、研究は驚くべき結果を提供したとされた。

 

(2019年8月7日)



注目ニュース