トルコは「住みやすく働きやすい」世界で7番目の国

トルコは、住みやすく働きやすい国のランキングで世界7位になった。

トルコは「住みやすく働きやすい」世界で7番目の国

 

 

 

 

HSBCグループが163か国で働く1万8000人以上の外国人を対象に実施した「国外居住者意識調査」の結果を発表した。

 

アンケートは、居住国での生活レベル、生活の満足度、仕事とプライベートのバランス、経済面、家族生活などの観点から評価される。

 

アンケートの結果によると、トルコで働く外国人の62パーセントが、生活レベルが母国よりも上がったと答えている。

 

トルコで働く外国人の52パーセントがキャリア、趣味、家族に集中する時間があり、55パーセントがより良い家や車など欲しい物を手に入れることができ、69パーセントが自分に自信があり、居住国の住民は親しみやすいと感じている。

 

トルコで働く外国人の60パーセントが、母国に比べてトルコのほうが仕事とプライベートのバランスが良いと考えている。

また、59パーセントが母国にいるときよりも多く旅行をし、57パーセントがダイビング、外国語、料理など新たなスキルを学んだと答えている。

 

トルコで働く外国人の72パーセントが、居住している町の景観は歴史的・文化的素地の観点から豊かであると言っている。また、63パーセントが居住している町は旅行の中心地であり、59パーセントが町に生き生きとした文化的生活があると答えている。

 

トルコで働く外国人の58パーセントが、おいしいレストランや質の良い食事があると答えている。

 

 

 

(2019年7月4日 木曜日)

 

 

 

 



注目ニュース