【海外メディアの見出し】 2020年8月5日

ドイツ サウジアラビア カタール スペイン ベネズエラ ベルギー フランス ロシア 日本

1467301
【海外メディアの見出し】 2020年8月5日

 

第1ドイツテレビ(ARD)(ドイツ) 「ドイツがトルコに対する渡航警告を4県に対して解除」

第2ドイツテレビ(ZDF)(ドイツ) 「ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州の学校でマスク着用が義務化へ」

ドイチェ・ヴェレ(ドイツ) 「ドイツ医師会会長がドイツで第2波が始まったと発言」

 

アル・クドゥス・アル・アラビ紙(イギリス発行のサウジアラビア紙) 「イスラエルがベイルートで発生した爆発に関与していないことを表明」

アル・ラヤ・アル・カタリヤ紙(カタール) 「ベイルートが災害地帯に宣言」

 

エル・パイス紙(スペイン) 「スペインのペドロ・サンチェス首相がカルロス前国王に関する収賄の報道後に立憲君主国を擁護して次のように発言、『ここでは制度ではなく個人が裁かれる』」

エル・ムンド紙(スペイン) 「マドリードのホテル経営者達が1500のテラスの認可状を停止したことにより自治体に抗議」

テレスール局(ベネズエラ) 「レバノンのミシェル・アウン大統領がベイルートで発生した爆発の被害者に対して国葬を宣言」

 

ル・ソワール紙(ベルギー) 「ベイルートで爆発:ベルギー大使館が破損、フィリップ・ゴファン外務大臣がレバノンへの支援を提案」

ル・パリジャン紙(フランス) 「新型コロナウイルス:外出時のマスク着用がトゥールーズで義務化、近くパリでも(義務化)」

フランス24(フランス) 「火事がマルセイユで800ヘクタールの土地を全焼、1200人が避難」

 

イタルタス通信(ロシア) 「レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領がレバノンのミシェル・アウン大統領と電話で会談した際に、ベイルートで発生した爆発に対してレバノン国民に哀悼の意を表し、トルコは特に医療分野で必要な人道支援を提供する用意があると発言」

RIAノーボスチ(ロシア) 「ロシア中央選挙管理委員会がベラルーシで実施された大統領選挙に監視員を派遣しないことを決定」

イズベスチヤ紙(ロシア) 「ロシアが外国人の短期ビジネス渡航に対するビザなし入国に関する規制を解除」

 

NHKニュース 「ロシア開発中のワクチン 10月から大規模接種へ 新型コロナ」

朝日新聞 「WHO、武漢での国際調査へ コロナ発生源特定のため」

読売新聞 「100か国で学校閉鎖、再開時期未定 『史上最大の教育システムの混乱』 国連警告」



注目ニュース