【海外メディアの見出し】 2019年12月04日

カタール オマーン ドイツ スペイン メキシコ ロシア フランス ベルギー 日本

【海外メディアの見出し】 2019年12月04日

 

アル・ラヤ・アル・カタリヤ紙(カタール) 「イラクのデモが拡大」

アル・ワタン紙(オマーン) 「ウィリアム王子が3日間にわたる公式訪問のためオマーンに出発」

 

NTV(ドイツ) 「ロンドンで四か国首脳会議、メルケル首相がエルドアン大統領との会談を称賛」

ドイチェ・ヴェレ(ドイツ) 「ドイツの首都ベルリンの新空港が2020年10月31日に開港されることが発表。開港が長年延期されてきた同空港の建設は2006年に開始されている」

ハンデルスブラット紙(ドイツ) 「電気自動車への投資拡大を目指すダイムラーが今後3年間に世界中にある工場の従業員の数を少なくとも1万人削減へ」

 

エル・パイス紙(スペイン) 「ベネズエラが今後の選挙に対して国際監視団を要請」

ミレニオ紙(メキシコ) 「レバロン一家殺害に関して逮捕された者たちは単なるスケープゴート」

ラ・バングアルディア紙(スペイン) 「メラニア・トランプは『ホワイトハウスのモナ・リザ』。ファーストレディの生涯を伝える本が出版」

 

RIAノーボスチ(ロシア) 「アメリカがまたしてもロシア代表団にビザを発給しなかった」

レンタ・サイト(ロシア) 「ドイツがアメリカが『ノルド・ストリーム2』プロジェクトに対して制裁を科す場合に対処することを通告」

イタルタス通信(ロシア) 「ウクライナ外務大臣が『ノルマンディー4か国首脳会議』の決議案の中身を暴露」

 

ル・モンド紙(フランス) 「ロンドンでトランプ大統領とマクロン大統領が北大西洋条約機構(NATO)とシリアに関する見解の相違を明らかに」

ル・パリジャン紙(フランス) 「12月5日スト:フランスの列車の90パーセントが運休へ」

ル・ソワール紙(ベルギー) 「環境に関する欧州の暗黒の構図」

 

時事通信 「シリアめぐり溝残る 英仏独とトルコ首脳が会議」

産経新聞 「トランプ氏、同盟結束に腐心 フランスやトルコとの亀裂、不安要素多く」

共同通信 「1億6700万人に人道支援必要 45人に1人、国連報告書」



注目ニュース