エルドアン大統領 「文化と芸術は重要で恒久的なテーマ」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、文化と芸術は重要で恒久的なテーマだと述べた。

エルドアン大統領 「文化と芸術は重要で恒久的なテーマ」

エルドアン大統領は、ベシュテペ国立文化コンベンションセンターで開かれた「2018年度文化観光省特別賞」の表彰式で演説した。

1979年から毎年、文化観光省が授与し、2016年からは「文化観光省特別賞」の名が付けられた大賞の今年の受賞者が明らかになった。

2018年の文化観光省特別賞は、「エミン・オンガン・ウスキュダル音楽団」とドウシュ・グループの支援により立ち上げられた「アラ・ギュレル書庫・研究センター・アラ・ギュレル博物館」に授与された。

エルドアン大統領は演説の中で、文化と芸術のテーマを、少なくともテロとの戦い、外交政策、基本サービスほど重要で恒久的なテーマであるとみなしていると述べ、

「新たな時期に、我が国の文化、芸術、建築、都市開発を相応のレベルに持っていけるよう祈っている」と語った。

エルドアン大統領は、大統領府内で設立された文化芸術政策機構はこの分野における政策の立ち上げに貢献し、行われる活動も注視していくと述べた。

 

(2019年1月10日)



注目ニュース