【イベント情報】 第27回アンカラ日本語弁論大会、11月18日に開催

在トルコ日本国大使館の主催により開催中の「日本祭り2018 秋」のフィナーレを飾る、第27回アンカラ日本語弁論大会が11月18日に開催される。

【イベント情報】 第27回アンカラ日本語弁論大会、11月18日に開催

TRT日本語ラジオ放送2018年11月11日(日)

 

 

 

今年27回目を迎えるアンカラ日本語弁論大会は、初級レベルの学習者が対象のAグループと中級レベル以上の学習者が対象のBグループの、2つのグループが用意されている。例年同様、今年も弁論のテーマは指定されなかった。

弁士は2分30秒から4分の弁論を行った後、質疑応答に臨む。弁論は30点満点で採点される。配点は、内容15点、表現力10点、質疑応答5点となっている。弁論時間が2分30秒以下、または4分以上の場合は、減点の対象となる。

 

11月11日日曜日、在トルコ日本国大使館の公式Facebookページより、予選を通過した弁士が発表された。それによると、11月18日日曜日に行われる決勝には、Aグループ、Bグループ共に8人ずつの弁士が選ばれた。

 

 

 

11月18日日曜日のトルコ時間12時30分に開幕する第27回アンカラ日本語弁論大会は、オラン地区にある土日基金文化センター(とにちききんぶんかセンター)で行われる。弁論大会の模様は、全世界に向けてネット中継される予定である。

 

 

 

第27回アンカラ日本語弁論大会の情報(日本語)

https://www.tr.emb-japan.go.jp/itpr_tr/00_000367.html

 

第27回アンカラ日本語弁論大会の情報(トルコ語)

https://www.tr.emb-japan.go.jp/itpr_tr/00_000370.html

 

 

 

■■■ 「日本祭り2018 秋」 ■■■

 

在トルコ日本国大使館の主催による「日本祭り」は、2017年9月にアンカラに赴任した日本国特命全権大使宮島昭夫(みやじま あきお)大使がきっかけとなり2018年2月にアンカラで初めて開催された。今回が2回目の開催となる。祭りのタイトルは、「日本祭り2018 秋」と決まった。

 

10月7日から11月18日までアンカラの各地で開催される「日本祭り2018 秋」で行われるイベントの内容は、1回目の「日本祭り2018」に比べ、かなりパワーアップされた。

「正太鼓(まさだいこ)」によるコンサート、アンカラの人気ショッピングセンター「アルマダ」で開催されるジャパンデー、柔道大使杯、日本食を体験するイベント、お寿司教室など、数々のイベントが目白押しとなっている。

フィナーレは11月18日の第27回アンカラ日本語弁論大会が飾る。

 

ヒルトンホテルで開催される日本食を体験するイベントとお寿司教室は有料で事前の申し込みが必要。これ以外のイベントは無料で誰でも自由に参加することができる。

 

数々のイベントの中で特に日本食関連のイベントに注目が集まっている。

アンカラの大学で第二外国語の授業で日本語を履修している学生たちは、「宮島大使が来てから日本文化のイベントが増えた」と喜んでいる。

 

 

「日本祭り2018 秋」(日本語)

https://www.tr.emb-japan.go.jp/itpr_tr/00_000366.html

 

「日本祭り2018 秋」(トルコ語)

https://www.tr.emb-japan.go.jp/itpr_tr/00_000350.html

 

 

 

2018年11月16日

文責: 浅野涼子 (ryoko.asano@trt.net.tr)

 

< 追記 (2018年11月18日)>

当日のネット中継ですが、非公式ながら得られた情報によりますと、在トルコ日本国大使館の公式Facebookページ上で生中継されるとのことです。

この件に関し、2018年11月18日日曜日のトルコ時間7時30分の時点で、在トルコ日本国大使館からの正式な発表はないようです。

アンカラ日本語弁論大会に関するお問い合わせは、主催者側にお願いいたします。

 

 

 

 

 

 



注目ニュース