古代エジプト人に神聖とみなされていたコガネムシのミイラが発見

エジプトのギザにある遺跡で、ヘリオポリス神話で日の出の神とされるケプリのシンボルとなっている虫のミイラが発見された。

misir giza kazi3.jpg
misir giza kazi2.jpg
misir giza kazi1.jpg
【Video】 古代エジプト人に神聖とみなされていたコガネムシのミイラが発見
【Video】 古代エジプト人に神聖とみなされていたコガネムシのミイラが発見

 

エジプトのギザにある遺跡で、ヘリオポリス神話で日の出の神とされるケプリのシンボルとなっている虫のミイラが発見された。

 

(2018年11月12日)

 

サッカラ遺跡で行われている発掘の結果、古代エジプト人に神聖とみなされていたコガネムシのミイラも含む多数の歴史的遺物が発掘された。

当該の発見を公表するために遺跡エリアで開かれた記者会見には、エジプトのハリード・アル・アナニ文化大臣、史跡高等評議会のムスタファ・ヴァズィーリー事務局長、大使多数が出席した。

ヴァズィーリー事務局長は記者会見で、コガネムシのミイラはエジプトおよび世界で最も珍しい発見の1つであると明かした。

世界各国の博物館と連絡を取ってこのようなミイラがあるかどうか尋ねたと語ったヴァズィーリー事務局長は、「連絡を取った博物館はわれわれに、虫のミイラではなく棺があると説明した」と述べた。

ヴァズィーリー事務局長は、4月10日に始まった発掘作業の結果、蓋付きの収納箱の中にコガネムシ200匹、別の蓋付きの収納箱の中にミイラ化されたコガネムシ2匹、ミイラ化されたネコ、ミイラ化されたコブラ、ファラオの死者の書に言及されたパピルス紙を発見したと述べた。

アル・アナニ大臣は、同じ地域でライオンの像とミイラ化されたネコのほか、7つのファラオの墓が発見されたと明かした。

 

(2018年11月12日)



注目ニュース