フランスでトルコ観光見本市に高い関心

フランスでトルコを紹介するために開催された見本市に高い関心が集まった。

フランスでトルコ観光見本市に高い関心

 

フランスのヴィルフランシュ・シュル・ソーヌでスローガン「世界6番目の観光地へのいざない」と共に初めて開催された観光見本市「Festitourisme」は、高い関心を集めた。

見本市では4日間にわたって、観光や文化の観点から新たな目的地やターゲットを探している人々に説明が行われた。

催しにはアゼルバイジャンやカザフスタンといった国からも参加者があった。

トロイ古代都市が国連教育科学文化機関(ユネスコ、UNESCO)の世界文化遺産に登録されて20年目であり、2018年がトロイ年であることにちなんでチャナッカレ・オンセキズ・マルト大学考古学学科教員のリュステム・アスラン教授が視聴者の関心を集めた会議を催した。

 

(2018年11月4日)



注目ニュース