ターキッシュエアラインズ、アンカラ・ローマ直行便を60年ぶりに再開へ

ターキッシュエアラインズ(THY)は、アンカラ・ローマ直行便を60年ぶりに再開する。

ターキッシュエアラインズ、アンカラ・ローマ直行便を60年ぶりに再開へ

 

ターキッシュエアラインズ報道局から出された発表によると、1959年にアンカラ・ローマ便でイタリアに初就航したターキッシュエアラインズが60年ぶりに両国間の首都を再び結ぶフライトを開始する。

アンカラ・ローマ便は、2019年1月7日以降、週2便(月曜日と木曜日)で相互に行われる予定である。

フライト用のチケットも販売が開始された。

ターキッシュエアラインズは、イスタンブール・アタチュルク空港出発でローマ、ミラノ、ベネチア、ピサ、ボローニャ、ナポリ、カターニア、バーリへ、イスタンブール・サビハ・ギョクチェン空港からはローマとミラノへ、イタリアで合計8拠点に夏用スケジュールで週131便のフライトを行っている。

 

(2018年10月17日)



注目ニュース