トラブゾンにあるシャヒンカヤ、ロッククライミングの人気スポットに

その自然美と歴史的な美しさによって新しい観光ルートとなったトラブゾン県は、険しい絶壁によっても登山家をはじめとする刺激を求める人たちの関心を集めている。

トラブゾンにあるシャヒンカヤ、ロッククライミングの人気スポットに

 

デュズキョイ区ドアンカヤ地区にあるシャヒンカヤは、遠くから見ると城砦を彷彿とさせる景観、ふもとにある松林、ロッククライミングやトレッキングのコースといったアウトドアスポーツに関心がある人たちがまず最初に選ぶ場所の1つとなっている。

落石や岩盤剥離といったクライミングの危険がないシャヒンカヤは、ロッククライミングをしたいスポーツ愛好家に自然美だけでなくきれいな空気を吸う機会も提供している。

近年世界にもその名が知られるようになったシャヒンカヤは、世界的に有名なスイスの登山家ミシェル・ピオラ氏をはじめ、トルコの有名なロッククライマーであるオズトゥルク・カユクジュ氏、ミュミン・カラバシュ氏、ギュネシュ・エルギュデン氏、ムスタファ・カライジュ氏、スレイマン・ヴァルダル氏、ヴォルカン・オズカン氏、ヤヒヤ・コチ氏、トゥンチ・フンドゥク氏が開拓した新たなルートと共に8月31日から9月2日に開催される「第2回国際ロッククライミングフェスティバル」の準備をしている。

フェスティバルの一環として数多くのイベントを主催するシャヒンカヤは、50以上の新ルートによりトルコのほかスイス、オランダ、アゼルバイジャンからロッククライマー50人を迎え入れる。

ロッククライミングのほかハイキング、サファリ、トレッキングといったエリアもあるこの地域は、オールシーズン観光の多様性にも貢献している。

世界的に有名なスイスの登山家ピオラ氏はシャヒンカヤに初めてやって来たと述べ、

「ここに来られて非常に満足であり、トルコの友人たちのおかげで新たなロッククライミング天国を知ることになった。何よりもシャヒンカヤにはロッククライミングにとって非常に特別かつ美しい岩場がある。現代的なクライミングスタイルに非常に適した岩のタイプである。大きな突出部があり、したがって誰もが非常に楽に登ることができる」と話した。

シャヒンカヤがトルコのそのほかの場所とは異なっていることに注意を促したピオラ氏は、トルコにあるそのほかすべての場所、特にデデギョル、アラダーラル、またはゲイクバユルのスタイルとは完全に異なる非常に特別な場所であると明かした。

ピオラ氏は、シャヒンカヤに来るよう皆に勧めた。

 

(2018年8月29日)



注目ニュース