クルバン・バイラム(犠牲祭)中にムーラで休暇を過ごした観光客数は500万人

クルバン・バイラム(犠牲祭)の時期に、ムーラ県の観光施設やホテルが立ち並ぶボドルム区、マルマリス区、フェティエ区、ダトチャ区、オルタジャ区で、観光施設やホテルが満室となった。

クルバン・バイラム(犠牲祭)中にムーラで休暇を過ごした観光客数は500万人

外国人観光客のほか、国内の観光客も9日間のクルバン・バイラムの休暇(8月17-26日)にムーラ県の観光地を選んだ。同地を、空、海、陸の経路を通っておよそ500万人の観光客が休暇を過ごしに訪れた。

ムーラ県の観光地ではクルバン・バイラムの休暇の間じゅうずっと、すべての宿泊施設が満員となった。

バイラムでは特に国内の観光客が多く訪れた。

国内の観光客が最も好んで選び、およそ200万人がクルバン・バイラムの休暇を過ごした観光地はボドルム区だった。

白色の壁と青い窓のあるブティックホテルを持ち、外国人観光客に人気があるボドルムは、音楽鑑賞、コンサート、カルチャーイベントにより、訪れた人々に忘れられないバイラム休暇を提供した。

 

(2018年8月27日)



注目ニュース