ドイツ人観光客が最も多く選ぶ観光地の1つがトルコ

ヨーロッパの観光市場の大企業トーマス・クック・ドイツが、トルコへの観光希望が増えていることを受けて、夏季のフライト人数を2万5000人、秋季は6000人増やした。

ドイツ人観光客が最も多く選ぶ観光地の1つがトルコ

トーマス・クック・ドイツの関係者からの情報によると、トルコはスペインとギリシャと並んでドイツ人が最も多く休暇先に選んだ場所となった。

トーマス・クックの関係者は、トルコがドイツ休暇市場において最も多く希望がある国の1つとなっている理由として、「優れた製品、サービス、そしてトルコ人のホスピタリティ」を挙げた。

休暇のためにトルコを訪れるドイツ人観光客の数は、今年1-6月に去年の同時期に比べておよそ10パーセント増え、156万251人となった。

ドイツは、ロシアに次いでトルコに最も多くの観光客を送り出している国である。

 

(2018年8月10日)



注目ニュース