クルバン・バイラム(犠牲祭)中の観光の見込み

クルバン・バイラム(犠牲祭)も含む8月18-26日の間に国内旅行において、150万人がバカンスに出発すると予想されている。

クルバン・バイラム(犠牲祭)中の観光の見込み

観光地のペンションも含む満室状況が出ると予想される中、観光業界では国内外の観光客が増えることにより、二重の祝祭が訪れる見込みである。

今回の祝祭も、アンタルヤが、バカンスを過ごす人々に最も多く選ばれる地となると予想される。

クルバン・バイラムの祝祭が9月の学校の新学期開始前の最後のバカンスの機会であることから、多くの人々がバカンスを過ごす。

クルバン・バイラムが海外旅行も最も多く行われる時期に重なることから、ホテルでは150万人の国内観光客の予約により満室状況が出ると見込まれている。

 

(2018年8月8日)



注目ニュース