世界的音楽家 エルダル・アッカヤ、初の訪日コンサート 会場は満席

日本初、トルコの伝統楽器「サズ」とクラシック管弦楽団が共に奏でる美しく新しいハーモニーに東京が酔いしれた。

世界的音楽家 エルダル・アッカヤ、初の訪日コンサート 会場は満席
【独自入手Video】 エルダル・アッカヤコンサート、リハーサル風景
【独自入手Video】 エルダル・アッカヤコンサート、リハーサル風景

2018年5月14日、日本の東京に感動の渦を巻き起こした、エルダル・アッカヤコンサート。

その本番直前の緊張感高まるリハーサル風景の映像を、TRT日本語がユヌス・エムレ・インスティトゥート東京より独自に入手した。

 

(2018年5月16日 文責:浅野 涼子)

TRT日本語ラジオ放送2018 年5月17日(木)

 

 

 

世界中で活躍するトルコが世界に誇る音楽家、エルダル・アッカヤとクラシック管弦楽団との夢のコラボがついに実現した。

 

日本でトルコの文化や言語の紹介に努めるトルコの公的機関ユヌス・エムレ・インスティトゥート東京と日本の東京都渋谷区の主催、ターキッシュ エアラインズとエコガス株式会社の協賛、駐日トルコ共和国大使館の後援による「特別来日公演!! エルダル・アッカヤコンサート ~トルコ伝統楽器サズとオーケストラによるトルコ音楽の夕べ ~」は5月14日の夜、渋谷区総合文化センター大和田(しぶやくそうごうぶんかセンター おおわだ)のさくらホールで行われた。

 

向山精二(むかいやま せいじ)の監修、木谷 悦也(きたに えつや)の指揮のもと、エルダル・アッカヤとユヌス・エムレ特別管弦楽団が演奏し、日本で初めてのトルコの伝統楽器「サズ」とクラシック管弦楽団が共に奏でる美しく新しいハーモニーが生み出された。

 

 


 

ユヌス・エムレ・インスティトゥート東京から入手した情報によると、コンサートの会場は満席で、日本のエネルギー関連会社の役員たちの姿も見られた。ユヌス・エムレ・インスティトゥート東京は、「来場者は真剣に耳を傾け、そして、驚き、興奮し、新しい音楽に満足した様子だった」とコメントしている。

 

 

 

日本を満喫したエルダル・アッカヤ 「また来たい」とメッセージ

 

今回が初めての日本訪問となったエルダル・アッカヤは、5月9日に東京に到着した。

 

 

ユヌス・エムレ・インスティトゥート東京によると、日本到着翌日の5月10日には、江戸東京博物館や浅草を観光し日本の文化を楽しんだと言う。

 

コンサートを大成功させ、5月15日に帰国の途に着いたエルダル・アッカヤは帰国前、ユヌス・エムレ・インスティトゥート東京を通じて、以下のメッセージを日本の人々に残した。

 

 

■■■■■■■■■■■

コンサートにお越しいただきました皆さま、

そして今回お会いできなかった日本の皆様、

ありがとうございました。

 

音楽を通じて日本とトルコの友好、

そして文化の継承に一役立てたことを、

また日本の皆様と会えたこと、

日本の皆様の温かい心に触れることができたこと、

私の日本滞在は短い時間でしたが、

私の人生の中でかけがえのない時間、

思い出となりました。

 

もっと多くの日本の皆様にお会いするため、

私の音楽を一緒に楽しんでいただくために、

また日本に戻って来られる日が来ることを願っています

 

本当にありがとうございました。

 

 

エルダル・アッカヤ

■■■■■■■■■■■

 

 

 

今回のコンサートを主催したユヌス・エムレ・インスティトゥート東京は、日本を満喫したエルダル・アッカヤの姿に「日本の風情が浮かぶ作品ができるかもしれない」と期待を寄せている。

 

 

 

(2018年5月16日 文責: 浅野涼子)

 

 

 

 

 

 



注目ニュース