ゲリボル半島に数多くの観光客

ゲリボル歴史地区で訪問者400万人が目標とされている。

ゲリボル半島に数多くの観光客

チャナッカレ戦争(1915-1916年)ゲリボル歴史地区には毎年300万人が訪れる。

至る所戦争の記憶にあふれるゲリボル歴史地区は、世界最大の野外博物館となる道を進んでいる。

訪れる人々は、最良の形で保全されている戦場のトップに来るゲルボル半島に到着した瞬間、チャナッカレの魂を感じ始める。

特に若者や子どもたちは戦地を訪問した際に、先祖がどれほど大きな困難の元で偉大な闘いと自己犠牲の模範を示して国民をどのように守ったか、どうやって今日に至ったかをいくらかは感じることができる。

ゲリボル半島を海外から訪れる人々の数も毎年増加している。

今年、この史跡に観光客400万人の来訪が目標とされている。

 

(2018年3月15日)



注目ニュース