THY、マリンド・エアとコードシェア契約

ターキッシュエアラインズ(THY)は、マレーシアに拠点を置くマリンド・エアとコードシェア契約を締結した。これにより、両国間の輸送業者が新たな市場に参入する可能性が確保され、旅客に新たな渡航の機会が提供されることになる。

THY、マリンド・エアとコードシェア契約

 

発展中の商業関係をさらに1歩前進させる決定を下した2つの航空会社によって開始されたこの新たな商業上の提携の枠内で、マリンド・エアがクアラルンプールから行っているデンパサール(インドネシア)、パース(オーストラリア)、ランカウイ(マレーシア)、ペナン(マレーシア)、クチン(マレーシア)、コタキナバル(マレーシア)へのフライトで、ターキッシュエアラインズは自社のコードとフライト番号を使ってチケット販売ができるようになる。

一方マリンド・エアは、ターキッシュエアラインズが行っているクアラルンプール・イスタンブール線のほか、イスタンブール・ロンドン、アムステルダム、ウィーン、フランクフルト、コペンハーゲン路線でも自社のコードとフライト番号を使って販売ができるようになる。

したがって、両航空会社間で2016年以降結ばれている商業上の提携の枠内で輸送されている旅客に対し、コードシェア契約によってより快適な渡航の可能性が確保され、マレーシア国内線と東南アジア拠点に継続的な渡航の機会が提供されることになる。

 

(2017年10月2日)



注目ニュース