ドイツでトルコ映画「狼たちの夜」試写会

ドイツの都市ケルンで開かれたトルコ映画「狼たちの谷・祖国編」の試写会が、大きな関心を呼んだ。

ドイツでトルコ映画「狼たちの夜」試写会

シネドーム・ケルン(Cinedom Köln)で行われた試写会に参加した映画の主演俳優のネジャティ・シャシュマズ、シネム・ウスル、ジャヒト・カヤオール、エルハン・ウファク、エルトゥールル・シャカルが、レッドカーペットでポーズを決めながら、観客とともに映画を鑑賞した。

試写会前に行われた記者会見で発言したネジャティ・シャシュマズは、およそ10年前にドイツは「狼たちの谷」を禁止しようとし、この日はオランダから同様の知らせを受けたと述べ、「こんなことが起こりうるとはあまり思わない。ヨーロッパは民主主義的だと言われているが、本当にそうかどうかを見ることになる。」と語った。

トルコのテレビ史において最も長く続くドラマのうちに入る「狼たちの谷」のファンにも語り掛けたシャシュマズは、ドラマの名前を「狼たちの谷・カオス編」と変え、今後再び放映されるという吉報を伝えた。

「狼たちの谷・祖国編」の撮影ではアクションシーンが最も大変だったと述べたシャシュマズは、アクションの影響が映画に良い貢献をしたと語った。

試写会の後に映画舞台に上がった映画関係者は、観客とともに自撮り(セルフィー)を行った。

 

(2017年9月30日)


キーワード: 試写会 , ドイツ , トルコ映画

注目ニュース