「コンクリートたたき割り」のギネス世界記録保持者はトルコの58歳男性 今回はWギネス達成

「コンクリートたたき割り」のギネス世界記録保持者、アリ・バフチェテペさん(58)は、3月18日チャナッカレ戦争勝利記念日の行事のひとつとして、戦争で命を失った兵士たちに捧げる目的でギネスへの挑戦をし、ふたつの世界記録を達成した。

「コンクリートたたき割り」のギネス世界記録保持者はトルコの58歳男性 今回はWギネス達成

 

 

 


エーゲ海地方ムーラ県にある、ムーラ・ストク・コチマン大学のアタチュルク文化センターで、ふたつのギネスへの挑戦をした「コンクリートたたき割り」のギネス世界記録保持者、バフチェテペさんは、最初に「胸の上にあるコンクリートブロック16個を速くたたき割る」というチャレンジで、オーストラリアのスポーツ選手が持っていた7秒37の記録を上回り、6秒33で新ギネス世界記録保持者になった。

この後、さらに「胸の上にあるコンクリートブロックを一撃でいくつ割ることができるか」というチャレンジをし、自身が持っていた36個の記録を破り、37個割った。

オスマン軍楽隊の演奏とともに会場に現れたバフチェテペさんは、胸の上に積み上げられた37個のコンクリートブロックを一撃でたたき割った。

58歳で一度にふたつのギネス世界記録を達成したバフチェテペさんは、この記録をチャナッカレ戦争で命を落とした兵士たちに捧げると話した。

 

 

 

(2017年8月11日金曜日)

 

 

 



注目ニュース