医療観光天国のトルコ、ペットもトルコへ

ペット産業事業者協会のセルチュク・チェティン会長は、ヨーロッパのペットがトルコの動物病院で治療を受けていると話した。

医療観光天国のトルコ、ペットもトルコへ

 

 


チェティン会長は、「トルコにはとても良い獣医がたくさんいるし、とても良い病院がたくさんある。国外、特にヨーロッパから目の手術を受けに来たペットもいる。ペットの飼い主もトルコに観光に来ることになる。」と話した。

 

チェティン会長によると、トルコには約1100の動物病院があるが、そのほとんどは家畜向けではなく、ペット向けのものである。

チェティン会長は「動物病院に一番多くやって来るのは小型犬と猫。来院理由は、注射、ノミやダニの予防、定期健康診断が最も多いが、犬ジステンパーやFIP(猫伝染性腹膜炎)などの重病で病院の扉をたたく人たちもいる。それから、避妊や去勢のために訪れる人も最近は多い。」と話した。

 

チェティン会長は、大学の獣医学部に併設されているクリニックを利用することもできると話した。

 

チェティン会長は、ペットの健康は、獣医が行う検診・診察のほか、ペット業界が市場に提供しているビタミン、健康グッズ、フード、栄養補助食品なども重要な役割を果たしていると語った。

 

 

 

(2017年6月12日月曜日)

 

 

 



注目ニュース