【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2018年10月10日

サバフ紙 「エルドアン大統領、ギュル・ババ霊廟の開設式に出席」 ワタン紙 「ペキジャン商業大臣 『ハンガリー企業がトルコでの投資を拡大』」 ハベルトゥルク紙 「トルコストリームの両ラインから2020年に天然ガスがポンプ輸送」 イェニ・シャファク紙 「ターキッシュエアラインズのフライトでTRT WORLDの生放送が視聴可能に」 スター紙 「ハリウッド映画にトルコの手」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2018年10月10日

 

サバフ紙 「エルドアン大統領、ギュル・ババ霊廟の開設式に出席」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、公式訪問先のハンガリーの首都ブダペストでギュル・ババ霊廟の開設式を行った。ハンガリーのオルバーン・ヴィクトル首相も出席した開設式で演説したエルドアン大統領は、「ギュル・ババは477年前にこの山頂で殉教した。あれから5世紀が経過したにもかかわらず、この偉大な人物は忘れられていない。次の世紀でもギュル・ババは、その精神的な遺産と共に両国の友情のシンボルとなり続ける」と述べた。

 

ワタン紙 「ペキジャン商業大臣 『ハンガリー企業がトルコでの投資を拡大』」

ルフサル・ペキジャン商業大臣は、ハンガリーの首都ブダペストで開催されたトルコ・ハンガリー・ビジネスフォーラムの冒頭で演説し、「トルコ企業はハンガリーで莫大な投資を計画している。ハンガリー企業もトルコでの投資を拡大すると考えている」と述べた。ペキジャン大臣は、行われるビジネス会談の結果、両国間の貿易・経済関係がますます拡大しながら新たな次元に到達すると期待していると強調した。

 

ハベルトゥルク紙 「トルコストリームの両ラインから2020年に天然ガスがポンプ輸送」

ロシアのアレクサンドル・ノヴァク・エネルギー大臣は、トルコストリーム天然ガスパイプラインのうち1本はトルコ市場向け、もう1本は欧州市場向けである2本どちらのラインからも2020年1月に天然ガスのポンプ輸送が可能になると発言した。ノヴァク大臣は、ロシアの国営テレビ「ロシア24」とのインタビューで、「トルコストリーム天然ガスパイプラインの建設は承認された計画にしたがって進んでいる。ご存知のように、ロシアとトルコ間で政府間協定が調印され、ロードマップが承認されている。すべて期日どおりに進んでいる」と述べた。

 

イェニ・シャファク紙 「ターキッシュエアラインズのフライトでTRT WORLDの生放送が視聴可能に」

ターキッシュエアラインズ(THY)は、機内で提供している生放送のテレビチャンネルに、英語で放送している国際報道プラットフォームのTRT WORLDを追加した。ターキッシュエアラインズ理事会および執行委員会のM・イルケル・アイジュ代表は、「フライトを行っている122か国をTRT WORLDの客観的で、独立した、代替的な視点に引き合わせることを誇りに思う」と見解を述べた。

 

スター紙 「ハリウッド映画にトルコの手」

カナダの有名な映画学校で受けた3Dアニメ教育に続いて、ビジュアル効果・デジタル編集者になることを決めたアブドゥッラー・エジルリ氏は、世界で関心をもって視聴されているハリウッド映画に施した視覚効果と共に映画館でまさに異なる次元に観客を導いている。作業した中で最も有名な映画は「スター・ウォーズ」の「フォースの覚醒」と「ハン・ソロ」であったと伝えたエジルリ氏は、「ブラックパンサー」、「トランスフォーマー・最後の騎士王」、「スター・トレック BEYOND」、「ウォークラフト」、「ハンガー・ゲーム」が作業したそのほかの映画の一部であると語った。



注目ニュース