【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2018年9月18日

ワタン紙 「エルドアン大統領とプーチン大統領、イドリブの非武装地帯に関して合意」 ヒュリエット紙 「ロシアはシリアのイドリブ地域に軍事作戦を行わない」 スター紙 「伝統的なアダナ料理がフェスティバルで世界に紹介」 ハベルトゥルク紙 「世界最高のストリートフードが決定、イスタンブールもランクイン」 イェニ・シャファク紙 「アメリカCNBC司会者のトルコに関する挑発的な質問にぴしゃりとした回答」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2018年9月18日

 

ワタン紙 「エルドアン大統領とプーチン大統領、イドリブの非武装地帯に関して合意」

トルコとロシアは、シリアのイドリブ地域に非武装地帯を設立することで合意した。トルコとロシアが特定する非武装地帯の境は両者が連携してパトロール活動を行う。反アサド派は自分たちの陣地に留まり続ける。過激派グループのエリアでの活動が阻止される。ロシアは、イドリブ非武装地帯に攻撃が行われないことを保証するために必要な措置を講じる。トルコとロシア間で調印された合意覚書により、イドリブで大きな人道悲劇が発生するのが回避されたことになった。

 

ヒュリエット紙 「ロシアはシリアのイドリブ地域に軍事作戦を行わない」

ロシアのセルゲイ・ショイグ国防大臣は、シリアのイドリブ地域に軍事作戦は行われないと発表した。イドリブにおける状況に関して語ったショイグ大臣は、「イドリブへ軍事作戦は行われない。この件に関する詳細は近くシリア側と調整される」と述べた。

 

スター紙 「伝統的なアダナ料理がフェスティバルで世界に紹介」

10月12-14日に、アダナ県の伝統料理が集まる美食フェスティバルが開催される。地元のシェフによって郷土料理と伝統料理が前面に押し出されるフェスティバルでは、200以上の料理が紹介される。フェスティバルには世界的に有名なシェフも招待された。文化観光省の後援で開催されるフェスティバルは、ミシュランの2つ星を獲得した有名シェフ、アレクサンドル・ディオニシオ氏が伝統的なアダナ・ケバブを審査する特別な「ガストロ・ショー」によって幕を開ける。ガストロ・ショーによってチーズとオリーブの試食イベントも行われる同フェスティバルでは、さまざまなパネルディスカッションが開催される。

 

ハベルトゥルク紙 「世界最高のストリートフードが決定、イスタンブールもランクイン」

アメリカの放送機関CNNは、世界最高のストリートフードを販売している場所と有名な料理を発表した。適切な価格と国の紹介という観点から関心を集めているストリートフードに、トルコからもイスタンブールがランクインした。トルコの最も有名なストリートフードとしてシミットが紹介される一方、ドゥルムとラフマジュンにも言及されている。「トルコのピザであるラフマジュンは、いつの時間でも満足できる味として目の前に現れる。また、トルコのアイスクリームは、特にピスタチオナッツと共にあらゆる場所で最高に満足できる味として出されている」という言葉でイスタンブールのストリートフードが説明されている。

 

イェニ・シャファク紙 「アメリカCNBC司会者のトルコに関する挑発的な質問にぴしゃりとした回答」

アメリカの経済チャンネルCNBCにゲスト出演したBNPパリバ代表取締役会のジャン・レミエール会長は、その答えで司会者を驚かせた。CNBCの司会者がトルコに関して挑発的な質問をすると、レミエール会長からぴしゃりとした回答があった。CNBCの女性司会者がレミエール会長に、「トルコからの撤退を考えるか」と質問した。2人の司会者はレミエール会長の答えを前に驚いた。レミエール会長は、「トルコは非常に勤勉で、輸出を行い、困難を乗り越えるすばらしい国である。どうして撤退しようか」と言って反発を示した。ソーシャルメディアに流れたビデオはシェア記録を破った。



注目ニュース