【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2018年9月6日

スター紙 「トルコからロシアとアサド軍にイドリブに関する反発」 ワタン紙 「トルコは2019年に安定成長期に入る」 ハベルトゥルク紙 「賢い人はトルコで資産を購入」 イェニ・シャファク紙 「F-35機にトルコの署名」 サバフ紙 「トルコが結婚式観光で飛躍」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2018年9月6日

 

スター紙 「トルコからロシアとアサド軍にイドリブに関する反発」

メヴリュト・チャウショール外務大臣は、シリアのイドリブで住民の死亡を招くロシアとアサド軍に、「誰も欺かないように。これらの攻撃の目的はイドリブを陥落することである」と述べた。イドリブにいる過激派グループを口実にして住民を爆撃することに反発を示したチャウショール大臣は、「これらのグループに反対しているなら、アレッポから、東グータから、ホムスから、さらには南部から彼らをなぜ武器と共にイドリブに入れたのか」と述べた。

 

ワタン紙 「トルコは2019年に安定成長期に入る」

ベラト・アルバイラク財務大臣は、投資家に与えられた信用によって今後すばらしい日々が待っているとの吉報を伝えた。アルバイラク大臣は、「近いうちに新たな経済期のステージが機能するにつれて国際社会の関係者が我が国への投資を拡大させながら継続することを皆一緒に目の当たりにすることになるであろう」と述べた。アルバイラク大臣は、トルコが非常に多次元的な経済プログラムによって投資家に与えた信用は拡大しながら継続すると明かした。

 

ハベルトゥルク紙 「賢い人はトルコで資産を購入」

世界的に有名なアメリカの投資家兼金融専門家のジム・ロジャース氏は、投資家たちにトルコの資産を購入するよう奨励した。ロジャース氏は、「賢い人は現在トルコの資産を購入している。私は投資を行うならトルコの資産を購入する」と述べた。アメリカがトルコに対して制裁を行う決定を下したことは狂気の沙汰であると明かしたロジャース氏は、長期的にこの状況はアメリカに害をもたらすと述べた。

 

イェニ・シャファク紙 「F-35機にトルコの署名」

防衛産業庁は、アメリカがトルコをプロジェクトから外そうとしているF-35戦闘機プロジェクトでトルコ企業が生産した製品を発表した。航空機の胴体からエンジンまで合計19か所にトルコ防衛産業企業7社の署名がある。航空機の重要部品の生産を行うトルコ企業は、F-35戦闘機の生産と納入が期限どおりに行われるよう大きな役割を担っている。

 

サバフ紙 「トルコが結婚式観光で飛躍」

最近結婚式観光のためにトルコを訪れる富裕な観光客の数でも増加が見られる。トルコは最近、結婚式を開催しようと考える中東諸国から高い需要がある。特に、トルコで最近結婚式を開催しようと考えるインドやレバノンといった諸国から今年(2018年)最初の7か月間に訪れた観光客の数に上昇が見られた。インドから95パーセントの増加で8万3000人、レバノンからは43パーセントの増加で15万5000人の観光客が訪れた。



注目ニュース