【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2018年9月5日

ヒュリエット紙 「大虐殺となる」 イェニ・シャファク紙 「コマンド部隊がイキヤカでテロリストに大打撃」 スター紙 「2ギリシャ兵がトルコ側に不法に入国したと供述」 サバフ紙 「アセルサンがキプロス島に拠点を設立」 ワタン紙 「観光客が殺到!ここは天国だ」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2018年9月5日

 

ヒュリエット紙 「大虐殺となる」

キルギスからの帰途、重要な発言を行ったレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、シリアのイドリブ地域に実行される作戦に関し、「イドリブにミサイルが発射されれば現地で大虐殺が発生する可能性がある」と警告した。エルドアン大統領は、「イドリブで非常に残酷なプロセスが実行されている。現地に350万人がいる。大惨事が発生すれば、これらの人々がまず逃げられる場所はまたしてもトルコである」と述べた。

 

イェニ・シャファク紙 「コマンド部隊がイキヤカでテロリストに大打撃」

イラク国境でテロリストによって「立ち入り禁止」とされているイキヤカ山脈で作戦を絶え間なく続ける治安部隊は、3週間でテロリスト16人を無力状態にした。コマンド部隊は、分離主義テロ組織PKKの地域組織に大打撃を与えた。

 

スター紙 「2ギリシャ兵がトルコ側に不法に入国したと供述」

ギリシャ・メディアに流れた情報によると、エディルネ県で5か月半拘束されているギリシャ兵2人が、上層部による尋問を受けた。兵士2人もトルコ側に不法に入国したことを認めた。

 

サバフ紙 「アセルサンがキプロス島に拠点を設立」

軍事エレクトロニクス産業アセルサン(ASERSAN)は、北キプロス・トルコ共和国(KKTC)に研究開発・テストセンターを設立する。1974年のキプロス平和作戦でトルコに適用された禁輸の結果、国産武器産業の開発のために設立されたアセルサンは、こうしてキプロス島に対する忠実義務も果たすことになる。

 

ワタン紙 「観光客が殺到!ここは天国だ」

デニズリ県の白い天国パムッカレで西暦60年の地震で発生し、エジプトの女王クレオパトラも入浴したと言い伝えられているクレオパトラのプールは、地域を訪れる観光客の人気の的となった。古代プールの中にある遺跡の中を泳ぐ観光客たちは、治癒効果があるとされている温泉水を楽しんでいる。



注目ニュース