【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2018年4月25日

ハベルトゥルク紙 「ユルドゥルム首相 『欧州評議会議員会議はでしゃばるな、選挙はトルコが実施する』」 サバフ紙 「トルコは2002年以降230パーセント成長」 ワタン紙 「イランのロウハーニー大統領 『トルコ語はイランの誇りの源である』」 ヒュリエット紙 「ロシアからトルコ企業5社にさらに許可」 スター紙 「アンタルヤへやって来る」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2018年4月25日

 

ハベルトゥルク紙 「ユルドゥルム首相 『欧州評議会議員会議はでしゃばるな、選挙はトルコが実施する』」

ビナリ・ユルドゥルム首相は、スペインのマリアーノ・ラホイ首相と行った会談後に発言した。ユルドゥルム首相は、トルコの選挙延期を求める欧州評議会議員会議(PACE)の要望に関し、「欧州評議会はでしゃばらない方がいい。選挙は彼らが実施するのではない、トルコが実施するのだ。欧州評議会議員会議はまずテロリスト、サーリヒ・ムスリムを演説させないことだ」と述べた。

 

サバフ紙 「トルコは2002年以降230パーセント成長」

メフメト・シムシェキ副首相はガジアンテプで、トルコはつらい時代を乗り越えたと明かし、トルコ経済は2002年以降230パーセント成長したと語った。

 

ワタン紙 「イランのロウハーニー大統領 『トルコ語はイランの誇りの源である』」

イランのハサン・ロウハーニー大統領は、「トルコ語は、この領土の誇りの源であり、良い香りがする花である」と述べた。イラン大統領府のインターネットサイトで公表された声明によると、訪問先のタブリーズにあるタフティ・スタジアムで民衆に演説したロウハーニー大統領は、同国におけるトルコ語の普及の重要性に言及した。ロウハーニー大統領は、トルコ語の普及に向けて必要な本の印刷を指示したと明かした。

 

ヒュリエット紙 「ロシアからトルコ企業5社にさらに許可」

ロシア連邦動植物検疫局は、以前4月に検査されたトルコ企業5社にさらに、ロシアへのトマトの輸出が許可されたと発表した。

 

スター紙 「アンタルヤへやって来る」

ロシアの防衛企業「アルマズ・アンティ」は、2018年4月25-29日にアンタルヤ県で初めて開催されるトルコ最大の航空イベントの特徴を持つ見本市「ユーラシア・エアショー2018」で自社製品、技術的な可能性、提供されているサービスを紹介する。



注目ニュース