【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2018年4月19日

サバフ紙 「非常事態が3か月間延長」 ワタン紙 「ユルドゥルム首相から早期選挙に関する発言」 スター紙 「トルコ・イラン間の貿易における通貨スワップに向けて最初の取引」 ヒュリエット紙 「TANAPの開栓は6月30日」 イェニ・シャファク紙 「ガラタサライ、FIBA欧州選手権でチャンピオン」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2018年4月19日

 

サバフ紙 「非常事態が3か月間延長」

非常事態が2018年4月19日木曜日以降3か月間延長されることに関する首相府決議案が、トルコ大国民議会(TBMM)総会で承認された。したがって非常事態は7度目延長されたことになった。

 

ワタン紙 「ユルドゥルム首相から早期選挙に関する発言」

6月24日日曜日に大統領、国会議員、地区長選挙が同時に行われる。ビナリ・ユルドゥルム首相は、チャンカヤにある首相官邸で記者会見を開いた。ユルドゥルム首相は、「我が国が直面している進展により、このような決定が下された」と述べた。

 

スター紙 「トルコ・イラン間の貿易における通貨スワップに向けて最初の取引」

トルコとイラン間の貿易における現地通貨との通貨スワップ協定の枠組みで、最初の取引が開始された。両国の中央銀行間で現地通貨によって貿易を奨励する目的で締結された通貨スワップ協定の枠組みで、現地通貨の使用が開始された。このシステムにより、ユーロまたはドルに依存することなく貿易がさらに容易に行われることが目的とされている。また、現地通貨の使用により、為替リスクが減少されると想定されている。

 

ヒュリエット紙 「TANAPの開栓は6月30日」

アゼルバイジャンの天然ガスをトルコを経由して欧州に輸送するアナトリア横断天然ガスパイプライン(TANAP)が最終段階に入った。エネルギーのシルクロードと特徴付けられている同ラインは、トルコに6月30日に天然ガスを輸送する準備ができている状態にある。アナトリア横断天然ガスパイプラインによる欧州への天然ガスの供給は2020年に開始される。

 

イェニ・シャファク紙 「ガラタサライ、FIBA欧州選手権でチャンピオン」

ガラタサライ女子バスケットボールチームは、国際バスケットボール連盟(FIBA)欧州選手権の決勝でイタリアのライバル、レイエルに72対65で敗れたものの、最初の試合での22秒間のアドバンテージにより優勝した。



注目ニュース