【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2017年10月2日

スター紙 「エルドアン大統領がバルザーニ大統領に呼びかけ 『過ちから引き返すならば我々は共にある』」 イェニ・シャファク紙 「ペシュメルガ軍にテロ組織PKKと同じ処遇」 ワタン紙 「経済にとって黄金の日々」 サバフ紙 「10台に8台を輸出」 ハベルトゥルク紙 「コートのスルタンが欧州第3位」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2017年10月2日

 

スター紙 「エルドアン大統領がバルザーニ大統領に呼びかけ 『過ちから引き返すならば我々は共にある』」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、トルコ大国民議会(TBMM)の新立法年度の開始式で演説し、イラク・クルド地域政府が9月25日に実施した違法な独立の住民投票に何らかの見返りはないとし、この試み自体が重大な問題になると語った。エルドアン大統領は、「ここでの主な問題は、この試みが招いた結果が実際誰の利益になるかということである。このプロセスからクルド人、アラブ人、トルクメン人、そのほかの民族グループにとって幸先の良い結果が生まれないことは非常に明白である」と述べた。

 

イェニ・シャファク紙 「ペシュメルガ軍にテロ組織PKKと同じ処遇」

イラク・クルド地域政府に対して作戦準備を続けているトルコ軍は、地域にいるテロ組織PKKを黙認しているマスウード・バルザーニ政権の軍ももはや脅威として見ている。イラクにあるトルコ軍基地は警戒態勢に入った。作戦が開始されれば、基地に近づくペシュメルガ軍もテロ組織PKK同様、無力状態にされる。テロ組織PKKがバルザーニ大統領の庇護下にある地域で幅を利かせていることが知られている。

 

ワタン紙 「経済にとって黄金の日々」

財務省は、国民がタンス預金で貯めている金を経済に貢献させるために初めての措置を講じる。ビナリ・ユルドゥルム首相は、財務省が金収入を提供する債権の販売を10月2日に開始すると明かし、「したがって金債権と共に経済の車輪がより一層速く回ることになる。中央銀行の総資本は強化され、貸付金預金金利に対する圧力も緩和される」と述べた。同様に、3000億トルコリラ(約9兆4450億円)になると想定されている国民の貯蓄も役立たせることになる。

 

サバフ紙 「10台に8台を輸出」

自動車産業は、年末に記録的な生産と輸出の目標に向かって迅速に進んでいる。今年(2017年)最初の8か月間で自動車生産は19パーセント増加し、109万台に達した。同時期の輸出は、個数ベースで26パーセント増加した。総輸出は89万台に上昇した。輸出率も80パーセントという非常に高い水準に達した。この計算によると、トルコの自動車産業は、生産した自動車10台のうち8台を輸出した。

 

ハベルトゥルク紙 「コートのスルタンが欧州第3位」

女子バレーボールA代表チームは、女子バレーボール欧州選手権2017の3位決定戦で開催国のアゼルバイジャンを3対1で破って銅メダルを獲得した。オスマン・アシュクン・バク青年スポーツ大臣は、女子バレーボール欧州選手権2017で銅メダルを獲得した女子バレーボールA代表チームを祝福した。バク大臣は祝福のメッセージを公表し、「アゼルバイジャンの首都バクーで開催された女子バレーボール欧州選手権2017で我が国を成功裏に代表し、銅メダルを獲得した代表チームを祝福したい。選手たちが国際舞台で獲得したこの成功を、我々は誇りに思う。トルコはバレーボールでどれほど優れているかということを今一度証明した」と述べた。



注目ニュース