【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2017年9月29日

ヒュリエット紙 「エルドアン・プーチン両大統領がシリアで共通の姿勢」 ハベルトゥルク紙 「ユルドゥルム首相から国境の脅威の可能性に対する答え 『最も明確で最も厳しい対応がなされる』」 スター紙 「テロ組織は大慌て」 イェニ・シャファク紙 「国立格付け機関設立に向けて最初の1歩、トルコ・レーティング」 サバフ紙 「コンヤから歴史的勝利」

【トルコ主要各紙の目玉ニュース】 2017年9月29日

ヒュリエット紙 「エルドアン・プーチン両大統領がシリアで共通の姿勢」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領とロシアのウラジーミル・プーチン大統領が大統領府総合施設で行った重要な会談では、イラクとシリアの領土保全の擁護が強調された。エルドアン大統領は、「イラク・クルド地域政府が9月25日に実施した違法な住民投票後のきわどい時期に、特にイラク・クルド地域政府がさらなる重大な過ちを犯すことを阻止する必要がある」と述べた。

 

ハベルトゥルク紙 「ユルドゥルム首相から国境の脅威の可能性に対する答え 『最も明確で最も厳しい対応がなされる』」

イラク・クルド地域政府が9月25日に実施した違法な住民投票を考察したビナリ・ユルドゥルム首相は、「もし我が国に、国境の内外で我が国の国家安全保障に対する脅威が生まれれば、最も明確で最も厳しい対応をすることをいとわない」と発言した。

 

スター紙 「テロ組織は大慌て」

スレイマン・ソイル内務大臣は、武装無人航空機によって行われた作戦で殉職者が1人も出なかったことを発表した。「テロリストの戦略と戦術は破綻した」と述べたソイル大臣は、「組織への加入はこの30年間で最低水準にある」と発言した。

 

イェニ・シャファク紙 「国立格付け機関設立に向けて最初の1歩、トルコ・レーティング」

トルコは、自国固有の格付け機関設立に向けて最初の1歩を踏み出す。新中期プログラムの枠内で、まず最初に、信用格付けに関するデータ基盤を確保するため中央リスク登録機関が設けられる。その後は国立格付け機関の設置に向けての作業が開始される。

 

サバフ紙 「コンヤから歴史的勝利」

UEFAヨーロッパリーグ・グループIでヴィトーリアSCと対戦したコンヤスポルは、グループ初の勝利を飾った。コンヤスポルはヴィトーリアSCを2対1で退けた。この勝利は、コンヤスポルが欧州で挙げた初の勝利となった。



注目ニュース