エルドアン大統領 「シリアのミュンビチ(マンビジ)でアメリカ軍兵士5人を含む20人が死亡」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、シリアのミュンビチ(マンビジ)地域で行われた攻撃で、アメリカ軍兵士5人を含む20人が死亡したとの情報があると述べた。

エルドアン大統領 「シリアのミュンビチ(マンビジ)でアメリカ軍兵士5人を含む20人が死亡」

エルドアン大統領は、アンカラを公式訪問したクロアチアのコリンダ・グラバル・キタロヴィッチ大統領と共同記者会見を開き、ミュンビチで起きた攻撃にはアメリカ軍のシリア撤退決議に影響を及ぼそうという狙いがある可能性があると述べた。

エルドアン大統領は「アメリカのドナルド・トランプ大統領のシリア撤退決議を目にした」と述べ、この新たなテロ攻撃に対し、(シリア撤退が)撤回されることはないと確信しており、でなければそれはテロ組織DEASH(ISIL)の勝利を意味してしまうと話した。

エルドアン大統領は、

「テロ組織DEASHに対し戦いを続けていく。なぜなら我々はDEASHをその地で消滅させるからだ」とも述べた。

 

(2019年1月16日)



注目ニュース