【トルコからの支援の手】 シリアに1年間で大型トラック316台分の支援物資

トルコ宗教基金は、シリアの内戦の被害を受けた人々に昨年(2018年)、大型トラック316台分の人道支援物資を届けた。

【トルコからの支援の手】 シリアに1年間で大型トラック316台分の支援物資

 

 

 

 

トルコ宗教基金は、ユーフラテス川盾作戦とオリーブの枝作戦が実行されテロが一掃された地域とイドリブ地域の人々に行った人道支援について書面発表を行った。

書面発表で、ユーフラテス川盾作戦とオリーブの枝作戦が実行されテロが一掃された地域とイドリブ地域で人道支援活動を行うために事務所を5つ開設し、トルコから運ばれた大型トラック316台分の人道支援物資がこの事務所を通じて配られたことが報告された。

書面発表によると、昨年(2018年)、ユーフラテス川盾作戦とオリーブの枝作戦が実行されテロが一掃された地域とイドリブ地域に毎日パンが12万個配られた。ハレプ県(アレッポ県)のアゼズ地域から強制的に退去させられた民間人が身を寄せているキャンプには毎日1万5000人に温かい食事が提供された。

衝突の被害を受けた160のモスクは修復され、昨年(2018年)のうちに再び礼拝に開放された。また、268のモスクの点検・修理が完了した。

トルコ宗教基金は、シリアで内戦が勃発してからこれまでに、合計1866台分お人道支援物資を地域の民間人に届けた。

 

 

 

(2019年1月11日金曜日)

 

 

 



注目ニュース