エルドアン大統領とトランプ大統領の電話会談に関するアメリカの発表

アメリカが、レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領とアメリカのドナルド・トランプ大統領の会談に関する発表を行った。

エルドアン大統領とトランプ大統領の電話会談に関するアメリカの発表

ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は、昨日(12月14日)行われたエルドアン大統領とトランプ大統領の電話会談に関する書面発表を行った。

サンダース報道官は発表で、「エルドアン大統領とトランプ大統領が電話会談した。両大統領は、トルコとアメリカのシリアにおける安全保障の懸念およびテロとの戦いも含む二国問題を話し合った。両大統領は、シリアにおける両国の安全保障の目標を達成するために引き続き連携していくことで合意した」

会談に関して大統領府筋から得られた情報によると、エルドアン大統領がトランプ大統領に対し、分離主義テロ組織PKK、PYD、YPGの存在や活動に対するトルコの正当な懸念を伝えたことが述べられた。また、両大統領はシリアをめぐりさらに効果的な連携を行うことで合意したと明らかにされた。

 

(2018年12月15日)



注目ニュース