成長する民間航空部門

2003年に30億トルコリラ(日本円で約634億円)であったトルコ民間航空部門の収益が1100億トルコリラ(日本円で約2兆3839億円)に達した。

成長する民間航空部門

 

運輸インフラ省の書籍「アクセスし到達するトルコ」に基づく情報によると、15億人が航空機で4時間以内にアクセス可能な地域に位置するトルコは、世界の航空輸送需要が最も増加した地域に近い。

航空輸送はトルコで経済状況、進化する技術、増える競争のおかげで急速に発達する中、航空業で世界平均の3倍近い成長を遂げた。

航空旅客の数で世界で10番目、欧州で4番目であるトルコで2003年からこれまで続けられている政策の結果、航空会社の航空機の数は220パーセント、座席収容力は254パーセント、貨物収容力は449パーセント増加し、国内外のフライト拠点は351地点に達した。

トルコで2003年に民間航空運営の管轄で航空機は合計626機であったが、2018年8月時点でこの数は1390機に増加した。

同部門で雇用された人の数も6万5000人から2017年末時点で19万6041人に増加した。

 

(2018年12月9日)



注目ニュース