トルコのドラマにレバノン人が釘付け

トルコのドラマは、アラビア語に吹き替えられて放送が開始された2007年以降、レバノンで最も視聴されている外国ドラマのランキングでトップを保持している。

トルコのドラマにレバノン人が釘付け

 

レバノンの男性はトルコ語を学ぶためにこれらのドラマを視聴していると語る一方、女性はストーリーや俳優の魅力のほか、トルコの地理的な美しさ、文化、流行への関心によってこれらのドラマを好んでいると説明している。

レバノンのザキヤ・ダイラニ紙は、トルコのドラマが中東社会の文化や伝統を反映していることからレバノン人にとって最高の作品になっていると語った。

ザキヤ・ダイラニ紙は、

「トルコのドラマはレバノン人を納得させた。なぜならこれらのドラマは、民衆の関心を引く社会的、政治的、文化的なメッセージを含んでいるからである。これらの特徴により、ドラマは視聴者の感情をコントロールし、視聴者を俳優たちの大ファンにさせているのである」と記した。

レバノン人の視聴者が釘付けになっているこれらのドラマによりトルコ旅行の割合も大幅に増加したと記した同紙は、トルコのドラマは物語や俳優の選択においてだけでなく、同国の自然美を反映し、紹介することにおいても顕著な成果を挙げたと記した。

同紙は、ドラマの撮影が行われた場所で数ショット写真を撮るためにトルコを訪れるレバノン人が非常に多いと語った。

レバノンのテレビ局ではほぼ24時間必ずトルコのドラマを目にする可能性があると述べた同紙は、レバノン人はテレビ局で放送されているトルコのドラマだけに満足せず、ビデオコンテンツサイトYouTube(ユーチューブ)を介しても最新ドラマを視聴していると伝えた。

 

(2018年12月4日)



注目ニュース