トルコからシリア・アフリンに「オリーブの枝税関ゲート」が開通

トルコからシリアのアフリン地域に通じる「オリーブの枝税関ゲート」が11月8日に開通された。

トルコからシリア・アフリンに「オリーブの枝税関ゲート」が開通

 

1月20日に開始されたオリーブの枝作戦によってテロリストから一掃されたアフリン地域に人道支援がさらに容易に届けられることを目的とした税関ゲートの開通に向けて、しばらくの間作業が続けられていた。

ルフサル・ペキジャン商業大臣は、オリーブの枝税関ゲートが11月8日に開通したと語った。

トルコとシリアのハママト村の中間に建設された税関ゲートは、ジンディレスに8キロメートル、アフリンには40キロメートルの距離にある。

住宅地があまりなく、アフリンへの移動が最も容易な地理的位置にあるとされている同地域では、税関ゲートの開通によって主に人道支援の通過が行われる。

 

(2018年11月9日)



注目ニュース