トランプ米大統領、エルドアン大統領に「感謝したい」

アメリカのドナルド・トランプ大統領が、テロ組織との繋がりがあったとの理由でトルコで収監された後に出国許可を与えられたアメリカ人のアンドリュー・クレイグ・ブランソン牧師について、レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領に感謝の意を表明すると述べた。

トランプ米大統領、エルドアン大統領に「感謝したい」

トランプ大統領は、ブランソン牧師の訴訟についてツイッター(Twitter)に投稿した。

トランプ大統領は、今日(10月13日)、ブランソン牧師とアメリカの首都ワシントンにあるオーバルオフィスで面会すると述べた。

トランプ大統領はツイッターで、「ブランソン牧師に再会できることはすばらしいことになる。支援してくれたエルドアン大統領に感謝したい」と述べた。

トランプ大統領は、ブランソン牧師の出国許可が付与されたことで、トルコ・アメリカ関係が発展するだろうと強調した。

 

(2018年10月13日)



注目ニュース