エルドアン大統領 「テロの巣窟は壊滅される」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、(シリアの)ユーフラテス川東部にあるテロの巣窟は壊滅されると発言した。

エルドアン大統領 「テロの巣窟は壊滅される」

 

エルドアン大統領は、ウスパルタ県で開催された2018年第8期専門下士官コマンド隊基礎研修者記章授与式で演説して治安部隊が国内でテロ組織メンバーに歴史上見たことがない打撃を与えたと明かし、

「近く、今日記章を授与されたコマンド隊の助けも借りて、ユーフラテス川東部にあるテロの巣窟も壊滅させる」と述べた。

2016年7月15日にテロ組織フェト(フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造)が起こした謀反にも言及したエルドアン大統領は、

「二度と立ち上がれないようにしたと考えた者もいたトルコ軍が真の力を得たのを目にした者は、なおショックから立ち直れないでいる」と述べた。

トルコは最近一部投機的な攻撃にさらされていると明かしたエルドアン大統領は、この攻撃はトルコが世界の購買力平価別で13位、国民所得別で17位の国であるという事実を曲げることはないと強調した。

エルドアン大統領は、

「目の前にもたらされる障害が何であろうと、方法を見つけるか、または方法を作って、必ず乗り越える」と話した。

演説で、「わが国と交わした約束を非常にこっけいな理由から守らない者たち、また非常にこっけいな理由でわれわれに制裁を科そうとする者たちに、真の敗者は自分たちであることを見せる」と述べて発言を続けたエルドアン大統領は、

「われわれに閉ざされた門戸それぞれ1つに対して10の門戸を開き、われわれにもたらされた困難それぞれ1つに対して10の便宜を介入させて投資を継続し、経済を拡大させ続ける」と述べた。

 

(2018年10月12日)



注目ニュース