【トルコからの支援の手】 アルバイラク財務相がインドネシアの被災地で食料支援

財務省のベラト・アルバイラク大臣がトルコ赤新月社と共に、地震と津波により困難な状態が続いているインドネシアの被災地で食料支援をした。

【トルコからの支援の手】 アルバイラク財務相がインドネシアの被災地で食料支援

 

 

 

インドネシアのスラウェシ島で9月28日に発生したマグニチュード7.5の地震とその後に発生した津波の被害を受けた人々を支援するためにトルコから被災地に向かった市民団体は、各地で温かい食事、食料、衛生用品を届けた。

被災地には財務省のアルバイラク大臣も訪れ、トルコ赤新月社と共に食料支援をした。

トルコ赤新月社は、Twitter(ツイッター)のアカウントから、アルバイラク大臣が支援物資が入ったトルコ赤新月社の袋を被災地の人に渡している写真を投稿した。

 

インドネシアで9月28日に発生した地震で、これまでに2045人が死亡、1万679人が負傷した。全国で671人が行方不明のままとなっている。約7万棟の建物が倒壊した地震により、8万2000人が支援を必要としていることが発表されている。

 

 

 

(2018年10月10日水曜日)

 

 

 



注目ニュース